のんびり模型めいきんぐ

模型の製作や時々ラジコン(MINI-Z)のネタ等をいれつつだらだら更新していきます。

R32(4dr)オーテック仕様完成

更新遅くなってしまいましたが完成したのであげます。

 

今回はオーテックが手掛けRB26DEというNA仕様のエンジンを積んだスカイラインを再現してみました。
f:id:Yusike:20171009235310j:image

 

オーテック仕様限定のロゴ類は自作をしています。
f:id:Yusike:20171009235332j:image

 

また鍵穴も虫ピンで再現しています。

 

今回はエンジンも再現しました。
f:id:Yusike:20171009235347j:image

 

アオシマBNR32についてくるRB26DETTをベースにエキマニ、斜熱板その他補記類の追加、デカールの自作を行いRB26DEを製作しました。

 

牽引フックを真鍮線で再現、テールはスモークを吹きハセガワのレッドフィニッシュを目抜きポンチで抜いて貼っています。
f:id:Yusike:20171009235404j:image

 

NISSAN、SKYLINE26、オーテックデカール類も自作しました。ドア同様トランクの鍵穴も虫ピンを刺しています。
f:id:Yusike:20171009235413j:image

 

ちなみに特徴的なボディーカラー(イエロイッシュグリーンパールメタリック)は実車用の塗料を薄め液で希釈して使用しています。

 

今回はアオシマのコンテストのテーマが純正カーということで製作してみました。

 

オーテックって本当に面白い車出しますね。

 

では今回はここまで

R32(4dr)オーテック仕様製作④(エンジン、ボディ、内装仕上げ、各部ディティールアップ)

さて仕上げていきます!

細かいディティールアップしていきます。

 

ヘッドカバーのロゴははオーテック仕様だと付属するデカールとは配色が違うので自作。
f:id:Yusike:20170927122741j:image

 

ミラーフィニッシュを細切りにしてホースバンド風に
f:id:Yusike:20170927122808j:image

 

各部組み立て
f:id:Yusike:20170927122928j:image

 

アッパーマウントのナットを虫ピンで再現していきます。

まずある程度の長さに切断
f:id:Yusike:20170927201116j:image

 

あらかじめ開けておいた穴にセメダインで固定!
f:id:Yusike:20170927201132j:image

とりあえずエンジン完成!

 

内装はAT仕様シフトノブ、2ペダル化、GTRシート以外は特に弄らずサクッと塗り分けました。

f:id:Yusike:20170927201155j:image

 

ボディサイドのオーテックデカール0.3mmプラ板にあらかじめ自作したデカールを貼り付け、切り出し。

メタリック部とベース部分の二枚のデカール構成になってます。
f:id:Yusike:20170927201224j:image

 

テールランプは丸テール部分はレッドフィニッシュを5mmの目抜ポンチで切り出し。
f:id:Yusike:20170927201310j:image


テール本体をスモーク塗装後レッドフィニッシュ&ウインカーをオレンジフィニッシュ貼りこみ!
f:id:Yusike:20170927201323j:image

 

少し飛びましたが……

ヘッドライトは一度ウインカーを分割後オレンジフィニッシュで仕上げ。
f:id:Yusike:20170927201335j:image

 ホイールはボディ同色に塗装後リムをシルバーに塗装。

オーテックデカールの追加、牽引フックを真鍮線で製作。

ナンバープレートを追加しひとまず完成!
f:id:Yusike:20170927201348j:image

 

とりあえず完成です。
f:id:Yusike:20170927203824j:image

 

今回はここまで

R32(4dr)オーテック仕様製作③(ボディ塗装、デカール自作)

ボディの塗装をしました。
f:id:Yusike:20170918182023j:image

 

写真だと少し色味が違うんですよね……
f:id:Yusike:20170918182040j:image

更にメタリックの粒子がエアブラシに残るので掃除が大変です(笑)

 

そして今回オーテック仕様を作るに当たってエンブレム類が無いためデカールを自作します。

 

本当はMDプリンタがあれば良いのでしょうけど……レーザープリンタを使っていきます。

 

まずデータを作り印刷!

印刷に使用したのはハイキューパーツクリアデカールTHとウェーブ NEWクリアデカールです。
f:id:Yusike:20170918182525j:image

 

ひとまず普通のデカールはこのまま使用できます。

ちなみになぜ2種類かというと後述しますがメタリックデカールを作る際にハイキューパーツクリアデカールTHを使うと失敗します(やらかしました)

 

ということでメタリックデカールを作っていきたいと思いますがまずスタンピングリーフというものを使用します。
f:id:Yusike:20170918185120j:image

 

これは何かというと薄いフィルム状の箔が熱を加えると印刷した部分に残るというものです。

という訳で熱と相性が悪いのかハイキューパーツクリアデカールTHだと全面にフィルムが残ってしまうという現象がおきました……

調べるとウェーブのものなら大丈夫という事で使用しました。

 

早速印刷したものにフィルムをのせ
f:id:Yusike:20170918190827j:image

 

ラミネーターに通します。

説明書だとアイロンを使用する方法が紹介されていますがラミネーターでも出来るとのことなのでラミネーターを使用しました。

 

また通す際のポイントですがスタンピングリーフに白紙を重ねると良いです。

そのまま通すとしわしわになります……自分はなりました(笑)

 

またスタンピングリーフを剥がす際擦りながら剥がすと不要な場所に残りづらいです。
f:id:Yusike:20170918192148j:image

 

貼る!

NISSANやSKYLINE26の文字もつぶれず転写出来ています。

f:id:Yusike:20170918192318j:image

ちなみに水転写デカールと同じ要領で貼れます。

 

また、スタンピングリーフは白もあるようなので今度は白デカールを作ってみようかと思います。

 

今回はここまで

R32(4dr)オーテック仕様製作②(エンジン廻りディティールアップ)

今回は前の記事でも書いたアッパーマウント位置を修正しつつエンジン廻りを作っていきたいと思います。
f:id:Yusike:20170910012440j:image

 

まず現状のアッパーマウント位置ですが実際より後方にあるように見えます。

ということでいきなりですがS13のエンジン廻りのパーツから
f:id:Yusike:20170910012606j:image

 

アッパーマウントを、おゆまるとプラリペアでさくっと複製しました。

f:id:Yusike:20170910012654j:image

小さい部品はよくこの方法を使います。

簡単で充分複製できますからね。

 

形状は若干違いますがそこも修正し、雰囲気を重視する感じで……

 

もとのアッパーマウントはガンガン削り落とします
f:id:Yusike:20170910013100j:image

 

仮合わせチュウ
f:id:Yusike:20170910013137j:image

 

パテ修正&サフ
f:id:Yusike:20170910013235j:image

アッパーマウントの取り付けナットを虫ピンで再現したいため穴を開けています。

 

平行してエンジン廻りのディティールアップとして細かいところをやっていきます。

 

まずエキマニはGTSのキットについてきたタコ足を少し詰めて使用することにしました。
f:id:Yusike:20170910013620j:image

 

エッチングソーで2mmほどカットしました。

f:id:Yusike:20170910013638j:image

 

またエキマニの遮熱板がついているため0.3mmプラ板を切り出して製作
f:id:Yusike:20170910013423j:image

 

更に細かいところですがフロントグリル&ヘッドライトの奥行が短いのが気になりましたので
f:id:Yusike:20170910013235j:image

 

角プラ棒を張り付けパテ盛り
f:id:Yusike:20170910014052j:image

 

各部品も塗装していきます。

ヒューズボックス、遮熱板横にあり目立ちそうなパワステタンクも自作しました。

f:id:Yusike:20170910014519j:image

 

ヘットカバー等も塗装!
f:id:Yusike:20170910014910j:image

 

今回も実車用の塗料を使用、イエロイッシュグリーンパールメタリック(長い)というカラーらしいです。

渋い色で滅茶苦茶クールで私は好きです。

 

次回はエンジン廻りを仕上げボディ塗装ですかね。

 

今回はここまで

R32(4dr)オーテック仕様製作①(ボディ修正 )

お久しぶりです!

早速ですが、今回はオーテックのチューンが施されRB26DEというNA仕様のエンジンを搭載した、R32スカイライン4ドアを再現したいと思います。

 

そこで今回はアオシマR32の4ドアとR32GTRの部品を使い再現をしていきたいと思います。

 

フロント周りがエアロフォルムバンパー&GTRグリルとなっているためグリルはGTRから流用、バンパーはキットにエアロバンパーが付属している為それを使用します。

 

が、このバンパーが純正バンパーに被せる形で再現するようになっているため
f:id:Yusike:20170904225239j:image

 

純正バンパーカット!

シャーシとの取り付けマウントは残す形でカットしました。
f:id:Yusike:20170905190822j:image

 

エアロバンパーもカット!

ホイールアーチはそのまま使いたいのでアーチを残す形で3分割しました。

アーチを綺麗に作るのはなかなか難しいですからね……
f:id:Yusike:20170905191059j:image

 

プラリペアで接着後パテを盛り、更にバンパーの開口。

エンジンルーム再現をするためボンネットを切り離し
f:id:Yusike:20170904225606j:image

 

ひとまずGTRのエンジンベイを仮合わせ
f:id:Yusike:20170905191241j:image

 

すんなりと収まりそうです!

ただアッパーマウントの取り付け位置がどうも実車と違うように見えるためこの辺を修正しつつという感じですかね。

 

今回はここまで